2008年05月28日

USB接続のCATVチューナー『MaxCapture』

今日は、USB接続のCATVチュ−ナー『MaxCapture』を接続してみた。

中国製の商品で、研究用という建て前で売られている商品。
このMaxCaptureは、もちろんタダで全チャンネルが見ることができ、USBで接続したパソコンで録画もできる。
もちろん、プロテクトは無視なので、どんな番組でも録画できる。
MaxCaptureにビデオをつなげば、同様にどんなプロテクトも無視してキャプチャできる画像安定装置の機能も搭載されている。

こんな魅力的な商品は、そうそうない。
ということで、早速、購入した。

インストールの手順がやや難解で、少し手間取った。
あとは接続したMaxCaptureの電源を入れて、アプリケーションを起動すれば、CATVが見れるはず…、ん、画面が真っ暗…。
何度か、いろんなコトを試すが、どうにもならない。
中国製の商品ということもあり、サポートなんてあるわけもない。
USB接続のCATVチュ−ナー『MaxCapture』が機能しない理由をいろいろ調べてみたが、答えは見つからなかった。
思い当たるのは、今回つないだパソコンにはすでにキャプチャボードを搭載しているため、機能がぶつかっているのではないかということぐらい。
最近のキャプチャボードであれば、複数つなげるようになっているようだが、搭載しているキャプチャボードは、2000年に発売されたカノープスの『MTV2000』。

仕方がないので、リビングのテレビにつなげてあるパソコンに接続してみようかと思う。
これで、ビデオ出力をDVDレコーダーにつなげば、DVDレコーダーでも録画できるらしい。
むしろ、この方が良かったのかもしれない。

ただ、リビングの機器をいじるには、かなりの労力を費やすため、週末になるまで待つしかない。
今週末はすでに予定があるので、再チャレンジできるのは来週末か…。

それともう一つ。

コピーワンスを無視して録画できるというキャプチャユニットも購入したが、今回の件でつなぐパソコンが無くなってしまった。
ま、現在のケーブルテレビはアナログなので、そんなに急いでいないし、ま、いっか。
いずれ、ケーブルテレビが完全デジタル化したときに、今のパソコンをVistaに変更しようと思っているので、その時につなぐことにしよう。
どのみち、コピーワンスが無視できることが分かった以上、上場会社のカノープスはすぐにでも新機種に切り替えてくるだろうから、『MTV2000』同様に名機として名を残すだろう。
なので、どのみち買っておいて損は無いはずだし…。

 
posted by (屁)理屈オヤジ at 16:50 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/98307521

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。